予防医学、代替医療、生活の中の食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・オイルマッサージ・瞑想など)で注目されるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト「アーユルヴェーダライフ」
アーユルヴェーダ・インド、スリランカ伝統医学|アーユルヴェーダライフ(Ayurveda Life)
「生命の科学」ともいわれるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダ。予防医学・代替医療にとどまらず、高度な生命哲学としても注目されています。アーユルヴェーダでは、食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった日常生活に関わる内容から、「生命」そのものについてまでが語られています。
コラム「生活の中のアーユルヴェーダ」

アーユルヴェーダライフ・コラム ~生活の中のアーユルヴェーダ~
「女子力も男子力もアップするミラクルなギー!」
アーユルヴェーダ料理研究家&講師 水野 香織さん - 第1回 -
(テキスト・写真|アーユルヴェーダ料理研究家&講師 水野 香織さん)
アメリカではかなり前から「オーガニックギー」が普通にナチュラル系スーパーマケットに並んでいましたが、最近日本では成城石井でもこの「ギー」が売られるようになり、だいぶ市民権を得てきました。
でもギーって本当は何か、どんな効果があるか知っていますか?

 

 

現代のギーはバターから作られるのですが、バターにはミネラル、カルシウム、水分などの成分が含まれています。
熱いフライパンにのせた時に、アワアワ~となるのがそれです。

ギーは、そのアワアワ~な不純物を濾し、純粋な油分だけにしたものなのです。

油分だけにすると何がいいのか。

それは、腸内からの吸収力が抜群に違うのです。
細胞間にすっと浸透していき、血液に混ざって運ばれ、体の内側をデトックスしながら、潤いをもたらしてくれる優れものなのです。

不純物が入っていると、それを消化するために身体は頑張らなくてはいけないのですが、その負担がないので、本来の力を発揮することができます。

2,500年前に書かれたと言われているアーユルヴェーダの大教典「チャラクサムヒタ」にはこう書かれています。

「牛の乳で作られたギーは、記憶力を向上し、知性を高め、消化力、精子、オージャス、カファと良質の脂肪を作る力となる。ヴァータとピッタを抑え、解毒、狂気、消耗、熱を取り除く最高の油分である」
(チャラクサムヒタ27章232節)

2,500年前から狂気があったんですね~という驚きはさておき、チャラク先生が言っている「ヴァータとピッタを抑え」とは、私たちの病気のほとんどはヴァータとピッタの悪化によるもの、と言われています。
その元凶を静めてバランスを整えてくれるのです。

忙しい、寒い、乾燥している、パサパサの食事が多い、などの環境が重なると、ヴァータが悪化して腸内が乾燥して便秘気味になります。
これを「ヴァータが溜まっている」と表現するのですが、ギーのピュアな油分がその過剰なヴァータを押し流してしまいます。

ギーには軽い下剤効果のようなものがあるので、腸内を潤すだけではなく、乾燥して固まった腸内老廃物質を柔らかくして壊し、膨満感や便秘を解消してくれるのです。

これは、ギーに含まれる短鎖脂肪酸のなす役目が大きいでしょう。
短鎖脂肪酸は腸内環境弱酸性に整えて有害な菌の繁殖を抑え、腸内煽動運動を活性化します。

つまりは、ギー消化力が落ちて悪化した腸内環境を助けてくれるのですね。
さらに、脂肪になりにくくエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸と、脂肪を分解して燃焼させる共益リノール酸が多く含まれています。

 

そして若干の冷性と甘みによって、ピッタをあげることなく消化力を改善してくれます。
体内のアーマ(毒素)を排毒して免疫力を高めて、細胞の隅々まで届いて体内組織(タートゥ)の代謝を促し、血液とリンパを整えて体力を作ります。

さらにギーはココナッツオイルと同様、煙点が250℃と高いので、料理で熱しても酸化しにくく、活性酸素をつくりません。
そして抗酸化作用があるビタミンAとEを豊富に含んでいます。
その結果、細胞が活性化されて、老け知らず。

アンチエイジングにいいと言われる所以はここです。

ただし!油分は油分。
コレステロール値が気になる方やカファ体質で体重が増えやすい方は摂りすぎにご注意ください。

このギーですが、いいのは血液と腸内だけではありません。
チャラク先生の本には「オージャスを作る」と書かれています。
オージャスとは生命力、精気のような内側から輝くオーラのようなことを言いますが、これを強くするとはすなわち、女性にも男性にも子作りにもよいのです。

ギーは免疫力の決め手となる体の中のカファの質を高め、母乳や精子を増やすと言われています。
7段階あるダートゥの最終段階、生殖器にすーっと届いていくのですね。
元気にしてくれる、ということはすなわち私たちの人類全体としての生命力に関わることなんです。

実際、インドでも妊婦さんにこのギーは推奨されていて、妊娠時になりやすい便秘を助け、赤ちゃんの体を作るための栄養補給になってくれます。
そしてリンパなどを掃除するので、体を柔らかくしてお産を助けてくれるのです。

特に妊婦さんなどは、ご飯を炊く時にギーをスプーン一杯入れて炊くなどして、積極的に摂取してみてはどうでしょうか。

そしてギーのもう一つの大切なエッセンスは「サトヴィック」であるということです。
サトヴィックとは端的に言うとエネルギーがピュアで高い状態のことを言いますが、ギーや最もサトヴィックな食べ物のひとつ、とされています。

ギーの甘い芳香とサトヴィックなエネルギーが、私たちの心にバランスと静けさ、平和、魂の成長と意識の拡大をもたらしてくれるそうです。
毒素が詰まっているからこそ神経が詰まって伝達がうまくいかなくなりますが、ギーはそれを掃除してくれるので、脳神経が綺麗になって記憶力が向上し、知性が高まる、ということです。

インドの寺院ではこのギーを神様に捧げたり、ギーでお身体を洗ったりします。
そして参拝後にはプラサードと言ってお供えをいただくのですが、大抵南インドではパイヤッサムと言って、このギーを使って甘く煮込んだおしるこのようなものをいただいて帰ります。

神様に捧げられたサトヴィックなものをいただいて、私たちも日々サトヴィックに過ごしましょう、ということですね。

このミラクルでパワーフードなギーですが、昔は今のようにバターを溶かして作るのではなく、牛乳を撹拌して長い時間をかけて作られていました。
その際は、上弦の月もしくは満月に作ると、月のエネルギーを吸収してさらにパワーアップしたそうです。
さらに皆でマントラをお唱えしながら作っていたそうです。
だから私たちも、せめてこの時期に作るとよりいいかもしれません。

そのようにして作られたギーは保存状態が良ければ、半永久保存可能と言われます。
百年も経ったギーがまだ食べられる状態発見されたこともあったそうです。
そしてネパールの大震災の時は、瓦礫の下に埋もれた男性が、たまたま近くにあったギーを舐めて1週間生き延びた、というニュースもありました。

このように素晴らしいパワーを備えているギーですが、もちろん元となる牛乳、そしてその牛の質も重要です。
自分で作る際は、できるだけ自然な状態で育てられた牛から採れた質のいい牛乳から作られたバターを使うことをオススメします。

ギーの作り方はこちらのコラムを参照してください。
http://www.ayurvedalife.jp/about_ghee.aspx

ギーを漉す時は、このようにキッチンペーパーを何枚も重ねて濾してもいですし、コーヒーフィルターを使ってもいいでしょう。
湯煎した瓶に入れてしっかり蓋をし、使う時は綺麗なスプーンなどを使って水などが入らないようにしてください。

 

ではそのギーの使い方をいくつかご紹介します。

1. 眠れない時、途中で目が覚めてしまう時はヴァータやピッタが乱れている時です。
  寝る前に、おでこにギーを塗れば乱れが落ち着き、眠りが深まるでしょう。

2. 寝る前にギーをまぶたに塗れば、目が輝きます。

3. 毎晩唇に塗ってねれば、唇の色が明るく透明になってくるでしょう。

4. やけどをした時は、ギーを塗れば皮膚の再生が早まります。

5. 乾燥肌や炎症を起こしている肌を落ち着けます。

6. 炒め物などの料理に、他の油と同様に使うことができます。

7. 揚げ油として使えば、とっても美味しく仕上がります!

8. パンに塗ってトーストすれば、パンが持つ乾燥性のヴァータを沈静してくれます。
  そしてとても美味しくなります。
  チャパティを焼く時に使ってもいいでしょう。

9. 豆、穀物、でんぷん質などのヴァータによる乾燥性を特に沈静してくれるので、一緒に使えば、味や栄養はもちろん、ドーシャのバランスも整います。

10. 蒸し野菜の上(特にスイートポテト!)の上にかければ、もうそれだけで満足な一品。



最後に、このギーを使ってこの冬にぜひ試していただきたい一品はこちら。

 

種無しのデーツとカシューナッツを詰めて瓶に入れ、とかしたギーを入れてギーで浸してください。
1~3日ギーが浸透し、冬の乾燥を防ぎ、体力を作ってくれるとても美味しいデザートが出来上がります!
固まった周りのギーを適当にとって、ぱくりとお召し上がりください。

朝食と一緒に食べれば一日中元気。
余ったギーは料理などに普通に使えます。
ただし、1日1コがめやす。
夜のカファの時間に食べると重過ぎますからご注意。

 

どんなにいい食べ物も、自分の消化力に合わなかったり、食べ過ぎたりしては意味がありません。
適切な時に適量食べてアグニ(消化力)を整えてください。

アーユルヴェーダの「アーユル」の意味は「命」です。

命は心、体、感情、魂、人間関係、すべてを含みます。
食だけではなく、運動、睡眠、仕事、趣味、休息のすべてがバランス取れるようにご自身を導いてあげてください。

【コラム筆者】

水野香織(Kaori Mizuno)



(水野香織さんのプロフィール)

愛知県生まれ。
立命館大学文学部卒業。

広告代理店勤務の後、Dr. ニーマル・ラージ・ギャワリ師が運営するヨガスタジオのマネージャーを務める傍ら、ヨガティーチャートレーニング、アーユルヴェーダ ライフスタイル カウンセリングコースを修了。
その後、世界各国で一流ヨガインストラクターの通訳を務める。
南インド・ケララ州のアーユルヴェーダセンターGreens Ayurなどで習得した調理技術や知識を活かし、アーユルヴェーダ料理のクッキング教室、イベント、レクチャーなどを開催。

2015年に一年限定のアーユルヴェーダレストラン「Ayurda」をオープン。
Ayurdaでも定期的に料理教室を開いて好評を得る。

現在は料理研究家として、表参道Trueberryのメニュー監修を行い、東京と京都にてアーユルヴェーダ料理教室と連続講座を教え、アーユルヴェーダカウンセリングの食事アドバイザーとして活躍している。

アメブロ http://ameblo.jp/roika627
Facebook https://www.facebook.com/kaori.mizuno.3979
Instagram Annapoornakaori
クックパッド http://cookpad.com/kitchen/8915281



【東京:月二回開催】
アーユルヴェーダ料理教室@Cross Kitchen
〒107-0062 東京都港区南青山3-14-4 YTK南青山ビル1F
http://www.crosskitchen.jp/mizuno-12/



【京都:不定期開催】
アーユルヴェーダ料理教室@嵐山/八瀬
開催予定はSNSにてお知らせしています。



【Trueberry表参道】 アーユルヴェーダプレートがいつでも食べられる!
8:00 – 19:30(お食事は11:30 – 18:30LO)

〒107-0061港区北青山3-10-25 Tel: 03-6427-7088
最寄り駅:表参道駅B2出口より徒歩2分。
http://trueberry.jp



【2017年2月/南インドケララ州・アーユルヴェーダ本格体験 募集中】
詳しくはこちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/roika627/entry-12213088884.html



(コラム執筆)
お名前(facebook) アーユルヴェーダ料理研究家&講師 水野 香織さん
ホームページ http://ameblo.jp/roika627
お問い合わせ kaorimizuno.info@gmail.com
(コラム連載)
「アーユルヴェーダは今のあなたを映し出す」 Y's season 吉原 由夏さん - 第1回 - (2017.02.16)


「インドのふりかけ『チャマンディポディ』」 水野 香織さん - 第2回 - (2017.01.26)


「薬にならないものはない」 アーユルヴェーダ料理研究家 三浦 麻貴さん - 第1回 - (2016.12.11)


「女子力も男子力もアップするミラクルなギー!」 水野 香織さん - 第1回 - (2016.11.30)


「シロダーラで脳に深いリラックスを」 ガネーシャ 宮崎瞳さん - 第1回 - (2016.11.20)


「ガルシャナ+オイルのセルフケア」 ヨーガ・アーユルヴェーダセラピスト 林亜希さん - 第2回 - (2016.11.13)


「オージャス通帳を作って、健康と若さを貯蓄しよう」 ルナーシャ 関充子さん - 第2回 - (2016.09.20)


「夏は火(ピッタ)の季節 」 カナディール 朝倉智美さん - 第8回 - (2016.08.27)


「快適な夏の過ごし方とおすすめハーブウォーター」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第15回 - (2016.08.05)


「早起きが人生を変える理由」 マナス 住吉真知子さん - 第1回 - (2016.07.25)


「生活に根付くハーブ療法」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第14回 - (2016.07.18)


「インド・スパイス家庭料理『パオバジ』」 ミシュラ京子さん - 第7回 - (2016.05.29)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『紫ウコン』」 もだま工房 彦田治正さん - 第4回 - (2016.05.20)


「朝日を浴びる『ブラフミームフールタ』」クスママーラー 大嶺由香さん - 第1回 - (2016.05.10)


「アーユルヴェーダの原典『アタルヴァヴェーダ』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第13回 - (2016.05.04)


「『タルパナ』太らせるためのアーユルヴェーダ」 ルナーシャ 関充子さん - 第1回 - (2016.04.10)


「ヘナという植物」 Trinity 小林佐知子さん - 第1回 - (2016.03.08)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『春ウコン』」 もだま工房 彦田治正さん - 第3回 - (2016.02.13)


「日本の言葉の中から見つけるもの」 サヴァサナ SARAさん - 第10回 - (2016.02.05)


「インドの音楽療法とアーユルヴェーダ」 民族音楽療法士 若林忠宏さん - 第2回 - (2016.01.31)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『ブラフミ』」 もだま工房 彦田治正さん - 第2回 - (2015.12.30)


「インド・スパイス家庭料理『アルーゴビのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第6回 - (2015.12.23)


「インドの音楽療法とアーユルヴェーダ」 民族音楽療法士 若林忠宏さん - 第1回 - (2015.12.07)


「アーユルヴェーダのハーブ特集『トゥルシー』」 もだま工房 彦田治正さん - 第1回 - (2015.11.30)


「トリカトゥ/疲れている時にはアーマ(毒)出しを」 MyCocoon 岸川杏子さん - 第1回 - (2015.11.22)


「身体の『知性』を呼び起こす」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第12回 - (2015.11.03)


「アガスティアの葉に出会う旅」 アーユルヴェーダライフ管理人 - 第1回 - (2015.10.04)


「清らかな食べ物、清らかな思考」 Oriental Approach 廣澤貴子さん - 第1回 - (2015.09.10)


「夏の夜を快適に/アーユルヴェーディックヨガ」 Santania 西園和代さん - 第2回 - (2015.09.01)


「アーユルヴェーダと夏」 カナディール 朝倉智美さん - 第7回 - (2015.08.16)


「肌トラブルとアーユルヴェーダ」 ayurveding タイラ ヒカルさん - 第1回 - (2015.08.06)


「健康に楽しく夏を過ごすためのアーユルヴェーダのアドバイス」 アヌパマ先生 - 第1回 - (2015.07.23)


「気候の変化の激しい時期『20のグナ(質)』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第11回 - (2015.06.06)


「ドーシャ別簡単ストレス解消法①/ヴァータ編」 Santania 西園和代さん - 第1回 - (2015.05.04)


「インド・スパイス家庭料理『春のベースンサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第5回 - (2015.04.06)


「スリランカの魅力とアーユルヴェーダ」 カナディール 朝倉智美さん - 第6回 - (2015.02.18)


「アーユルヴェーダの花粉対策」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第10回 - (2015.02.05)


「晩冬の過ごし方」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第9回 - (2015.01.11)


「インド・スパイス家庭料理『ミックスダール』」 ミシュラ京子さん - 第4回 - (2014.12.28)


「私たちの五感『皮膚と触覚』」 カナディール 朝倉智美さん - 第5回 - (2014.12.16)


「インドのスパイスとアーユルヴェーダ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第8回 - (2014.11.08)


「頭を大切にしましょう」 アーユルビューティ 長尾理恵さん - 第1回 - (2014.10.26)


「秋の不調を整えるメンテナンスオイル」 AYUR SPACE Laxmi 一丸千尋さん - 第1回 - (2014.10.13)


「インド・スパイス家庭料理『クムラ(かぼちゃ)のカレー』」 ミシュラ京子さん - 第3回 - (2014.10.01)


「私たちの五感『口と味』」 カナディール 朝倉智美さん - 第4回 - (2014.09.23)


「入るもの、溜まるもの、出すもの、取り入れるもの」 サヴァサナ SARAさん - 第9回 - (2014.09.15)


「インドネシア・バリ島の伝承医薬『ジャムウ(jamu)』」 林亜希さん - 第1回 - (2014.08.12)


「インド・スパイス家庭料理『オクラのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第2回 - (2014.08.04)


「私たちの五感『鼻と香り』」 カナディール 朝倉智美さん - 第3回 - (2014.07.07)


「アーユルヴェーダの外科治療」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第11回 - (2014.07.01)


「梅雨の季節のセルフケア」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第7回 - (2014.06.16)


「インド・スパイス家庭料理『キャベツのサブジー』」 ミシュラ京子さん - 第1回 - (2014.06.08)


「オイルケアで若返る」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第7回 - (2014.06.01)


「私たちの五感『耳と音』」 カナディール 樋山智美さん - 第2回 - (2014.05.06)


「医は仁術」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第6回 - (2014.04.20)


「『食』を知ると自然と『解毒』できるというお話し」 サヴァサナ SARAさん - 第8回 - (2014.04.05)


「私たちの五感『目と色彩』」 カナディール 樋山智美さん - 第1回 - (2014.03.26)


「インドのおみやげ」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第5回 - (2014.03.17)


「サットヴァを輝かせる」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第6回 - (2014.03.11)


「3つの学習方法」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第4回 - (2014.02.19)


「アーユルヴェーダで寒い冬を健やかに」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第5回 - (2014.01.26)


「エネルギー満ちる冬」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第3回 - (2014.01.10)


「12月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第18回 - (2013.12.22)


「身体によい食事」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第2回 - (2013.12.03)


「11月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第17回 - (2013.11.23)


「アーユルヴェーダの一日の過ごし方」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第10回 - (2013.11.17)


「無駄なことと贅沢なこと、大事なことと感じること」 サヴァサナ SARAさん - 第7回 - (2013.11.07)


「アーユルヴェーダの干しぶどう」 ハッピーアーユルヴェーダ 遠田優美さん - 第1回 - (2013.10.31)


「10月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第16回 - (2013.10.24)


「9月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第15回 - (2013.09.24)


「ガネーシャ・チャトゥルティ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第9回 - (2013.09.15)


「活力の素『オージャス』」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第4回 - (2013.09.04)


「8月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第14回 - (2013.08.10)


「アーユルヴェーダと若返り」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第8回 - (2013.07.22)


「暑い夏におすすめのヨーガ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第3回 - (2013.07.10)


「7月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第13回 - (2013.07.03)


「健康に暮らすことはとてもシンプル」 サヴァサナ SARAさん - 第6回 - (2013.06.16)


「6月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第12回 - (2013.06.08)


「インドの食生活とアーユルヴェーダ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第7回 - (2013.05.25)


「身体と心の捉え方(ヨーガの身体観・5つの鞘)」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第2回 - (2013.05.19)


「アグニ(消化の火)」 PADMIN Kayoko Thomasさん - 第1回 - (2013.05.11)


「5月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第11回 - (2013.05.04)


「ヴァータの時間の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第10回 - (2013.04.27)


「インドの暑い春!!」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第6回 - (2013.04.19)


「アーユルヴェーダは私たちの中にあります」 サヴァサナ SARAさん - 第5回 - (2013.04.15)


「4月の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第9回 - (2013.04.04)


「アーユルヴェーダの六つの味」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第8回 - (2013.03.20)


「健康であるため心得ておくこと ~意識の道具『心』~」 サヴァサナ SARAさん - 第4回 - (2013.03.10)


「春におススメのヨーガアーサナ」 ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん - 第1回 - (2013.03.03)


「サットヴァな食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第7回 - (2013.02.27)


「アーユルヴェーダのヘッドマッサージ」 アーヤタナ・ヒーリングスペース 林ミナさん - 第1回 - (2013.02.23)


「アーユルヴェーダとチョコレート」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第6回 - (2013.02.13)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第5回 - (2013.02.09)


「スパイス・ハーブの効能一覧」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第3回 - (2013.02.04)


「軽い質の食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第6回 - (2013.01.26)


「インド便り・ケララレポート」 Shanti Rupa ひるまさん - 第1回 - (2013.01.24)


「丁寧に暮らしてみる」 サヴァサナ SARAさん - 第3回 - (2013.01.18)


「サットヴァな生き方を目標に」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第5回 - (2013.01.11)


「ヴァータのバランス」 サヴァサナ SARAさん - 第2回 - (2012.12.23)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第4回 - (2012.12.20)


「日本の中にあるアーユルヴェーダ」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第5回 - (2012.12.17)


「アーユルヴェーダの『食』について」 サヴァサナ SARAさん - 第1回 - (2012.12.2)


「『ディアチャリア』理想的な1日の過ごし方」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第4回 - (2012.11.21)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第3回 - (2012.11.15)


「手当てはプラーナを送る?」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第4回 - (2012.11.06)


「マルマとヨーガ」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第2回 - (2012.10.24)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第2回 - (2012.10.20)


「『至福』のオイルマッサージ」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第3回 - (2012.10.16)


「ハーブ・スパイス・オイルについてのあれこれ」 ヴァーユ Megumiさん - 第1回 - (2012.10.14)


「かぼちゃと豆乳の温かいスープ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第3回 - (2012.10.01)


「インドのアーユルヴェーダライフ」 アーユルヴェーダ大学留学中 大橋美和子さん - 第1回 - (2012.09.18)


「日本の食『オカサトミア』」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第2回 - (2012.09.14)


「“呼吸法”・“瞑想”のすすめ」 yoga bijaヨーガ教室 クボサチコさん - 第1回 - (2012.09.10)


「アーユルヴェーディックな豆腐サラダ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第2回 - (2012.09.03)


「出来立ての食事」 Berry Moon 櫻井真実さん - 第1回 - (2012.08.25)


「アーユルヴェーディックな夏のそうめんレシピ」 パドマスーリヤ Keikoさん - 第1回 - (2012.08.01)




ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
スタジオ・テージャス
Ayurvedic salon Sa-rah

アーユルヴェーダとは
基本理論
体質論(ドーシャ理論)
ドーシャの体質チェック
診断法(脈診)と心身浄化法(パンチャカルマ)
ヴェーダについて
トップページに戻る

アーユルヴェーダとヨガ(Ayurveda and Yoga)で心と身体を繋ぐ。アーユルヴェーダとヨガの情報サイト「アーユルヴェーダスタイル」
ダッタ・クリヤ・ヨガ
アーユルヴェーダ・健康レシピ・スパイス一覧|代表的なスパイスをご紹介します。
インドの神様|アーユルヴェーダに関係深いヒンドゥーの神様をご紹介します。
ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
インド伝統雑貨 SitaRama(シーターラーマ)
ヘナ日和