予防医学、代替医療、生活の中の食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・オイルマッサージ・瞑想など)で注目されるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト「アーユルヴェーダライフ」
アーユルヴェーダ・インド、スリランカ伝統医学|アーユルヴェーダライフ(Ayurveda Life)
「生命の科学」ともいわれるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダ。予防医学・代替医療にとどまらず、高度な生命哲学としても注目されています。アーユルヴェーダでは、食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった日常生活に関わる内容から、「生命」そのものについてまでが語られています。
アーユルヴェーダライフについて

アーユルヴェーダの神様|ダンヴァンタリ神
アーユルヴェーダの神様|ダンヴァンタリ神

アーユルヴェーダ(ayurveda)

アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(aayus|生命)」と「ヴェーダ(veda|知識、学問、真理)」が合わさった言葉で、「生命の科学」ともいわれる、インド・スリランカにおける伝統医学です。
アーユルヴェーダは、自らが自身の心と身体の状態を知り、心身共に調和のとれた、健康的な生活おくる方法について教えてくれます。
病気を患ってしまっている場合の治療についてはもちろんですが、そもそも病気になりにくい心身をつくること、つまり健康を維持し病気を防ぐという「予防医学」の側面を大切にしています。
アーユルヴェーダは、心と身体の繋がりを理解して、自らを癒していく方法(技術)を教えてくれる、インド・スリランカの伝統文化が育んだ「知識」です。
また、アーユルヴェーダはインド・スリランカの「医食同源」ともいわれ、身体の状態に応じて、適切な食べ物とそうでない食べ物についても語られており、日々の生活における実践的な生活医学でもあります。
医学知識や医療技術のみならず、生活の知恵や哲学、また生命科学の概念も含む「アーユルヴェーダ」。
アーユルヴェーダライフでは、少しでも多くの方にアーユルヴェーダを知っていただけるよう、幅広く情報の発信してまいります。
コラム「生活の中のアーユルヴェーダ」

ケララ・レポート/南インド・ケララ州、現地アーユルヴェーダ視察レポート
「もだま工房コラボ企画」アーユルヴェーダのハーブ特集
インド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダ

日本でもオイルマッサージなどの美容法として、アーユルヴェーダという言葉が聞かれるようになりましたが、アーユルヴェーダは単なる民間療法ではなく精緻な体系と理論を備えたインド・スリランカの伝統医学です。
アーユルヴェーダの大きな特徴は、その理論の中心に「心身の健康な状態」を基準として考えられているところです。
西洋医学では、既に病気になっている状態に対し、身体のどの部位に病状が発生しているのか、病状の発生した部位はどのようなことが原因で病変しやすいのか、といった視点から考えますが、 これは「身体は病気になるもの」と前提し、病気に対して治療を行うことを中心とする考えからきています。
一方、アーユルヴェーダでは「健康な心身の状態」を定義し、その状態はどのように維持されるのか、どのような生活を行っていけば病気にならないのか、といった考え方を基本とし、 心身の健康の維持と向上、予防に焦点がおかれています。
予防段階におけるパンチャカルマ(身体浄化法)や食事療法、ヨーガや瞑想などの実践により、自分自身の本来持っている自己治癒力を最大限に高めて健康の促進を行っていく。

アーユルーヴェーダはまさに心身の健康を考える医学といえます。
インド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダの季節のアドバイス「夏」
アーユルヴェーダライフ|コミュニケーション・スペース

アーユルヴェーダ・イベントカレンダー

「アーユルヴェーダ・イベントカレンダー」は、アーユルヴェーダに関するセミナー・講座等のイベントをカレンダー形式でご紹介するコーナーです。 イベント情報の登録を希望される方は こちら からお問い合わせください。
ギー(ghee)アーユルヴェーダのアヌパーナ
医療としてのアーユルヴェーダ

医療としてのアーユルヴェーダ
医療としてのアーユルヴェーダをみると、医学体系には西洋医学と同じようにいくつかの部門があります。
たとえば、西洋医学におけるいわゆる「内科」については「カーヤ・チキッツァー(Kaya Chikitsa)」と呼ばれています。
「カーヤ・チキッツァー」では診察・診断に関する知識についてがあり、「脈診」などについてはこのカテゴリーに含まれます。
脈を取り・脈を診て、生理上の全て働きを知る、そうしたことが説明されています。

外科である「シャーリャ(Shalya Chikitsa)」においては、アーユルヴェーダにおける2大原典とされるスシュルタ・サンヒターにもその名が冠されているスシュルタが有名であり、彼は世界最古の外科医師とされています。
スシュルタ医師は、数多くの外科手術の中で凡そ500を超える手術器具を発明し、現在に繋がる西洋医学においてもその影響を強く受けているとされています。
この他にも、小児科(Kaumarbhritya)、毒物学(Vrishya Tantra)、耳鼻咽喉科(Shalakya Tantra)、精神学(Graha Chikitsa)、解剖学(Sharir Rachana)、生理学(Sharir Kriya)、婦人科(Stri Roga)、診断学(Nidana)といった形での医学体系があります。
アーユルヴェーダライフ|ドーシャの体質診断チェック
アーユルヴェーダ・インタビュー

「マノハ・パラクルティ先生/ヴァイディヤ(マハリシ・アーユルヴェーダ医師)」
「パルタップ・チョハン先生/ジヴァ・アーユルヴェーダ(アーユルヴェーダ医師)」

「マノジ・チャウダリ先生/ヴァギラティ・アーユルヴェーダセンター(アーユルヴェーダ医師)」
「蓮村誠先生/マハリシ南青山プライムクリニック(マハリシ・アーユルヴェーダ医師)」

「チャンドラ・プラカシュ・ヴェルマ先生/Santhigram Kelala Ayuruveda(アーユルヴェーダ医師)」
「アブドゥル・ハサン・モハメド・マウジュード先生/インターナショナル・シャンティランカ・アーユルヴェーダセンター(アーユルヴェーダ医師)」

「アブドゥラハマン・ポイラン先生/P.V.A Ayurvedic Hospital(アーユルヴェーダ医師)」
「クリシュナ・ナンブーディリ先生/ナガルジュナ・アーユルヴェーダ(アーユルヴェーダ医師)」

「スデーシュ・クマール先生/Vaidyaratnam(アーユルヴェーダ医師)」
「ギータ・ピライ先生/アーユルヴェーダ医師(インド・ケララ)」


シーズ・インディア(NGO SEEDS-INDIA)Socio Economic Educational Development Service - India
アーユルヴェーダ・ポスター販売

ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
ヨガ・アーユルヴェーダ ガネーシャ
アーユルヴェーダサロン ルナーシャ

アーユルヴェーダとは
基本理論
体質論(ドーシャ理論)
ドーシャの体質チェック
診断法(脈診)と心身浄化法(パンチャカルマ)
ヴェーダについて
トップページに戻る

ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
アーユルヴェーダ・健康レシピ・スパイス一覧|代表的なスパイスをご紹介します。
アーユルヴェーダとヨガ(Ayurveda and Yoga)で心と身体を繋ぐ。アーユルヴェーダとヨガの情報サイト「アーユルヴェーダスタイル」
インドの神様|アーユルヴェーダに関係深いヒンドゥーの神様をご紹介します。
ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
ヘナ日和
インド伝統雑貨 SitaRama(シーターラーマ)