予防医学、代替医療、生活の中の食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・オイルマッサージ・瞑想など)で注目されるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト「アーユルヴェーダライフ」
アーユルヴェーダ・インド、スリランカ伝統医学|アーユルヴェーダライフ(Ayurveda Life)
「生命の科学」ともいわれるインド・スリランカ伝統医学アーユルヴェーダ。予防医学・代替医療にとどまらず、高度な生命哲学としても注目されています。アーユルヴェーダでは、食事法(医食同源)・健康法(ヨガ・瞑想)といった日常生活に関わる内容から、「生命」そのものについてまでが語られています。
ラクシュミー神

ラクシュミー神
ラクシュミー神(Lakshmi)

(別名)
パドマーヴァティー(蓮を持つ女性)、吉祥天など。

(概要)
ヒンドゥー教の女神の一人。

最高神の一人ヴィシュヌ神の神妃とされており、幸運と美、富と豊穣を司る。

乳海攪拌の際に誕生し、世界の母(ローカマーター)や海より生まれる者(ジャラディジャ)とも呼ばれ、天地創造のときには蓮の花の上に乗って浮かんでいたともいわれる。
常に夫であるヴィシュヌ神に従い、ヴィシュヌ神が多くのアヴァターラ(化身)をあらわすとラクシュミー神もその一つ一つに応じて姿を変えるという。

2頭の象が女神の左右から水を注ぎ、4本の腕にはそれぞれ蓮華・アムリタ(甘露、飲む者に不死を与えるとされる)の瓶・ヴィルヴァの実・法螺貝を持ち、赤い水連の上に美しく立っている姿でよく知られている。
ラクシュミー神[2]  ラクシュミー神、サラスヴァティー神、ガネーシャ神  ラクシュミー神[3]  ラクシュミー神  ラクシュミー神、ガネーシャ神 


ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
日本アロマコーディネータースクール
アーユルヴェーダサロン ルナーシャ

アーユルヴェーダとは
基本理論
体質論(ドーシャ理論)
ドーシャの体質チェック
診断法(脈診)と心身浄化法(パンチャカルマ)
ヴェーダについて
トップページに戻る

ダッタ・クリヤ・ヨガ
アーユルヴェーダとヨガ(Ayurveda and Yoga)で心と身体を繋ぐ。アーユルヴェーダとヨガの情報サイト「アーユルヴェーダスタイル」
アーユルヴェーダ・健康レシピ・スパイス一覧|代表的なスパイスをご紹介します。
インドの神様|アーユルヴェーダに関係深いヒンドゥーの神様をご紹介します。
ヨガ・アーユルヴェーダの普及促進・事業者間における連絡協議会「dhanvantari(ダンヴァンタリ)」
インド伝統雑貨 SitaRama(シーターラーマ)
ヘナ日和